≫2014年04月

雨のあんカフェ

思い立って、あんカフェの足し算スケッチブックを作ろうか、なんて思います。
小雨です、あんカフェへ摘み草しながら向いました。

ちょこっと描きましょうね。moblog_7fb026b2.jpg 摘んだ草たち。

雨です、カフェの中に魔女ただ一人状態。   さながら<アトリエあんカフェ>です。
140429_2013~001[1] ぼちぼち描いていると、お客様。
名古屋あたりからの方々で、行いが良いので、140429_2014~001[1] 雨にも大して降られずに、来られたそうな、良かったですね。

続きは、あんカフェで描きましょう、そうしましょう、そうしましょう。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

あんカフェスケッチ会

何回目になったのかしら? あんカフェスケッチ会。
27日はあんカフェスケッチ会でした。
ええと、10名にたまたま来合わせた三重県からのお客様も参加されて、魔女も入れたら12名ですね。
小さなあんカフェ、大賑わい。
o0800142212922184009[1]

テーブルに広げた、のびやかなスケッチ達。みんなもっと沢山描いたのですよ。

じっと見たら、皆あんカフェを描いているの^^、あんカフェのお茶も見えるわ。想いが紙に載っています。


新しい企画として、デザインポストカード制作のワークショップも、毎月第二木曜日の2時からに決まりました。
ここで制作したポストカードの一部は、東北大震災で被災した方々へ送られます。
そんな活動も含めて、あんカフェは楽しい場所になっています。
どうぞ参加くださいね。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

花を描く 10 再びシャガ

しつこく、しつこく、が大事!   それッ!
securedownload[1]
ちょっと考えすぎ、、、の1枚です。

花壇の持ち主は、とっても良い方。
もうすぐ、「エビネが咲くわ、」 葉をかき分けて蕾の在りかを教えてくれます。
数年前に見た金柑の木はメートルほどに育ち、たわわに実を付けています。
掌に沢山もぎ取って、「甘いのよ。」下さいました。

花を描く、、、いいわ。
おまけも美味しい

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

4月27日 日曜日は、あんカフェスケッチ会です。

今度の日曜日 27日は、あんカフェスケッチ会
気候が良くなりました、戸外でスケッチ最高の季節です(何時だって最高ですが^^)。
一年中葉をつけている楠の木も、見上げるとすれはそれは美しい緑の衣装です。
あんカフェは11時オープンですが、描き始めるのはお好きな時間で大丈夫。

魔女は早めに行って、描こうかな。
だって、朝の光が好きな、ほとんど朝鳥コケコッコー魔女です。

あんカフェ ←クリックすると地図です。

住所:
神戸市中央区北野町2-10-18

電話:
078-251-6165

最寄り駅:
新神戸駅[南]から徒歩約8分  又は 三宮駅から北野坂を上がって15分。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

御片付け

楽描き大好き、、、で、、沢山のスケッチが貯まります、貯金スケッチ。
利子は付きません、貯まるな~^^。
で、ちょっと片付け、チョキチョキ、切りましょう、ハガキサイズに。ローガンのマットカッターが活躍します。
moblog_615e59d9.jpg moblog_fc152c8e.jpg
時間を見つけて、おハガキ出しましょうね、ご無沙汰している、あの方に。
年賀状も暑中見舞いも、てんでサボるのですが、こんなアナログ通信は好きな、魔女です。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

見納め

箒散歩で拾った言葉:寺山修二

友情というのは、いわば「魂のキャッチボール」。一人だけが長くボールをあたためておくことは許されない。受け取ったら投げ返す。そのボールの空に描く弧が大きければ大きいほど、受け取るときの手ごたえもずっしりと重い

そうね、年月が過ぎ、親しく便りを交わした訳でもないのに、受け取ったメッセージに泣き、生かされた。
友の言葉、今も胸にある。

K0071067[1]


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村


ああやって、こうやって 蛇腹

バックにぽんと入るサイズの蛇腹スケッチブックは、色水筆とセットになって、いつでもどこでもスケッチがより手軽になりました。

これだけバックにポン、moblog_2f6d9276.jpg 簡単 moblog_16354b62.jpg お手軽です。

青のみで描く予定でしたが、気持ちはすぐに変ります、黄色とオレンジ色入れて、、う~んです。
moblog_554267a7.jpg moblog_d7472b10.jpgそうだ! 茶と青を使って前に描いた事思い出して、茶色を使ってみる。背景にグレイっぽくは面白いかな 今日も、明日も変っていくだろう、蛇腹スケッチブックです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

好きな絵 見つけた

西明石で立ち寄ったギャラリー旅絵さんで、野口晋司さんの個展が開かれていました。
お話して楽しいこと^^。
見ているとね体温が1度上がりましたね。yjimageCA24XD4A.jpg メッセージがどん、伝わってきて、ああ、いいなーって、心が弾んだのです。
野口さん、オーナーの里中さん、お客様、ちょこっとスケッチさせていただきました。

 K0071073[1]
ちっとも似ていませんが、ワンダフルな1日です。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

魔女の色呪文1  (エド ありがとう)

思い出して、魔女が新人水彩人の頃遊んだ、、魔女呪文やってみました。

moblog_80db4d6a.jpg moblog_e21e5765.jpgmoblog_9f61eb53.jpg 
水彩紙に耐水性のペンで線をひいて、、、赤青黄色の三原色をパレットに出します。
好きなように混色して作った色をマス目に塗るのです。
超新人の頃作った魔女呪文シートは間に挟まれた小さい1枚。 あはは。
今日のはね右のね、少し頭の中で色が増殖したかしら。


そうそう、1枚目左の大きなパレット。
我が家の6番目の子供、シカゴのエドから届いたのです。ホームステイしてたのは、もう何年前?

きゃ!って飛び上がったわ。
あの日、二人で水彩の本を見ていました。アメリカの画家のパレットが写っていて、
「これいいな~、欲しいな~。」なんて、言った魔女ママ。
気にかけてくれていたのですね。


エド!有難う! 一生懸命描くね、エドもシカゴで頑張ってる^^!
チャンスがきっと来るわ、日本に戻ってきてね、日本のお母さんはここに居ます。




にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

宿題  花を描く7

ふう、チューリップ、もう少し遅かったかな。
公園や近くの庭先を探しますが、なかなか見つかりません。
いつもお世話になているお店で聞き込み「どこかでチューリップ見なかったぁ?」
K0071071[1]
 ちょっとこわごあ、でも、このあたりが水彩では大事、それも感じつつ描きました。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

あんカフェは、手作り帽子展

4月27日まで、あんカフェは手作り帽子展です。
魔女の帽子制作のお師匠さん、鶴見さんのお帽子が、あんカフェの窓を彩ります。
そろそろ、帽子の欲しい季節ですね、お茶しながら似合うかなって、帽子を頭に乗せてみましょう。

ほらほらね。">moblog_dd4efd17.jpg


moblog_ca0c604a.jpg

思わぬ発見があるかもしれないわ。
鶴見安子帽子展 4/27 16時まで。 あんカフェにて ← クリックしてね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

阪急電車を青く仕上げる

電車内スケッチが未完だったので、青いイメージで彩色して、完了。
この時を小さな1枚に閉じ込めました。
K0071066[1]

さて、出会う人をどんどん描きこむ足し算スケッチ、あんカフェのお客様 続々です^^。
K0071068[1]
常連の方、駆けつけてくれた友、年に1回はお会いする絵画展を開催中の方、そこで説明してくださった男性です。
K0071069[1]
皆さんとお喋りしながら描いています。
後ろ前にキャップをかぶった男性は、次回のスケッチブック展を見に来てくれるそうです。
うれしいですね~。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

色水筆 使いやすいです。

美山の食堂です、描いてますよ。 友に借りた青筆ペンに、魔女色水ペンで着彩
K0071056[1]

バスの中で描いたのを、乗り換えのバス停ベンチで手直ししていたら、小学生に「描いて!」って頼まれたの、ユウマ君。
そしたら、「僕も描いて!」ってケンジ君。 下に線描きあるけど、無視してどんどん描くです。
K0071055[1]

止まりません!
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

春を感じます!

昨日であった方がね、春をくれました。
お会いしたらね、なんだか変わりたい自分を見つけたの。
一代さんほぼ70歳、moblog_1086a051.jpg直子さんほぼ32歳moblog_653ec0b9.jpg
かずよさんは、5月のあんカフェスケッチ会参加ですって、これ描いたらね、「やだーもっときれいに描いて、鼻がお天道様向いちゃって、もっとかわいく若くえがいて!」叫びました^^。
なおこさんはね、描いてるって、ウエブで見つけたわ! 可愛い、春を見つけたように、元気が出たわ。
ほんに、生きているって、出会いがあるって、うれしいね~。
気持ちがね、この2枚くらい、ジャンプした、やっぱり、春ね!

注:ほぼ年齢は、まったくの<あてずっぽうな>ので、実年齢は、お二人とも18歳です^^。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

青を主体に描いて見る 茅葺きの里にて

サンフラワー紙が青と相性がよさそうなので、ほとんど青だけで描いてみました。
茅葺き屋根の里に居るのに、軽自動車描いてます^^。
この里に、小さな車はよく似合いますね。

K0071050[1]
線描きは、金色のボールペン、黑より扱いやすいかもしれないわ。
普通に紫やセピアでもOKね。

色水筆も、この1枚が呼び寄せたような気がするのです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

横長~に描いて見よう

山すそに茅葺集落。
あまりに見かける絵になっちゃうけど、1枚は描いてみたいですね。
K0071047[1]
やっぱり、説明ぽいな、ま、説明ですものね。、、、にしては、説明不足です。


宿の部屋にあった箪笥は、黒い漆塗り。引き出しは軽くすべり中は空でしたが、着物の匂いがしました。
K0071049[1]
使われた取っ手の金具を見ていると、職人さんの手が浮かんできました。 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

使えそうです、色水筆 作りました。

先日の美山スケッチで、友が持っていた、筆先が付いた色ペンみたいは筆記具、呉竹だったわ。
手持ちの水筆に、色水(透明水彩)を入れてみました。ペン書きに着彩、筆1本だけで描けますね。簡単スケッチにいいわ!ほらね、ほらね、、、、、  よよよっと、、、、、使えるかも~^^。
moblog_c6167253.jpg moblog_98422a50.jpg
中の絵の具が、そのうち固まるでしょうか~?ま、しばし経過観察ですね。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

宿はゲストハウス美楽庵

お泊りは囲炉裏の宿、ゲストハウス美楽庵さん

1棟丸ごとお借りしました。
囲炉裏に火をおこし、炭をくべ、天井から下がる、自在鍵に鍋を下げて夕食です。
わいわい、ガヤガヤ、にぎやかに材料がなくなります。ウドンを放り込んで、それも完食。

家屋内には、かまど、囲炉裏、箪笥、古いものがいっぱい詰まっています。
K0071048[1]
早起きしたので、お薬缶描いてみました。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

片っ端か、描きましょう。 作りましょう。

皆で集まって、作り出すは楽しいですね。
4月16日水曜日13時は、あんカフェ ちくちく会、針と糸、鋏を持って集まりましょう。

翌日、4月16日水曜日13時は、あんカフェデザインポストカーを作ろう会、材料費。オリジナルポストカードを作れます。あらちゃん先生がまっています、初心者にぴったり、来て下さいね100円^^




バス移動中、仲間に席を入れ替わってもらいつつの、スケッチです。
moblog_57fe106f.jpgmoblog_886a5217.jpgmoblog_98d92a09.jpgmoblog_8ad0aa3a.jpg 見えたらね、そく描くなのでした。moblog_1fb3212a.jpgmoblog_bda03f26.jpgmoblog_d2a3d46d.jpgmoblog_f8f13db1.jpg


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

京都 美山

美山です。ってどこでしょうね。
箒でなく、バス移動したのでチンプンカンプンな魔女です。

K0071046[1]
こんな、茅葺き屋根の里です。どこだ~!

朝の箒散歩でいただいた言葉、「ありのままの自分を受け入れて、勉強してください。」
「はい。」いい返事^^でしょう、実は風景も建物もあまり描いてはいないなあ。
そうです、そうなのです、もっともっと描きたい、描けるだけではなく、そこに自分を乗せられるようになる。
ああ、そこまで行けるでしょうか。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
プロフィール

魔女メグ

Author:魔女メグ
魔女です。スケッチ大好き、ペンが私の今日を探します。
書いてぴょん、描いてぴょん、
今日もスケッチ。

人間界では、<Junko Kagiyama> なの。
怠け癖あり、手厳しいコメント、歓迎☆

リンク
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新コメント
管理者メニューEX
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
アーカイブでクラウド

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: